一番規模が小さい葬儀は直葬です

小さな葬儀が注目されていますが、家族葬だけが小さな葬儀ではありません。
家族葬は内容次第で規模が大きくなることが珍しくないです。
場合によっては、一般葬よりも費用がかかることもあります。
家族葬を小さな葬儀と結びつけるのはやめた方がいいのかもしれません。
もし、小さな葬儀をしたいのであれば、直葬を視野に入れましょう。
これは、通夜も葬儀も行いません。
火葬場で故人を見送るだけです。
20万円程度ででき、数ある葬儀の形式の中でも最も小規模になります。
直葬は遺族だけで行うものと言うイメージがありますが、決まっているわけではありません。
故人と親しかった人を招いても問題ないです。
ただ、あまりたくさん招くと対応に追われることになるので、数人程度にとどめておきましょう。
しかし、直葬を選択する人が昔に比べて増えたとは言え、まだまだ一般的ではありません。
周囲の理解を得るのに苦労することも珍しくないです。
しっかり話し合いましょう。